コミュニケーションのツール

SNSとは、ソーシャルネットワーキングサービスの略です。Facebookやmixi、GREEなど大手のものから、草の根のSNSまで様々なSNSが存在しています。
そもそもSNSとはなんでしょう。これは個人が、友人とのつながりを促進するコミュニティ型のWebサイトで、その大抵はその会員が友人を「招待」するという形でネットワークに入れます。

この横のつながりは「友人の友人」という形もとり、現実社会では出会えないような人とのつながりができていきます。
自分のプロフィールや写真を載せて、メールアドレスを知られることなく、交流することができるのも特徴です。
特定の会員のみに公表できる日記や、趣味を同じくする人が集まる掲示板、友人の誕生日が載せられる予定表、読んだ本の書評などを載せる機能もあったりします。ほとんどが無料のサービスで、一部有料のものもあります。

Facebookなどは個人情報の提示が基本ですが、それでもハンドルネーム(いわゆるペンネーム)を使って登録している人も多くおり、また、最近ではFacebookやtwitterなどを使って、企業の宣伝をすることも多くなっています。
企業の宣伝ページでFacebookの「いいね」ボタンやtwitterの「リツイート」をクリックして、会員の友人全てにその情報を流すというものです。これなどは企業の広報のあり方として、さらに利用されていくでしょう。
他には、携帯サイトのモバゲータウンなどのように、入会は無料で、有料サービスへ誘導するものもあります。

このように、Webサイト上でSNSを楽しめるようになったのも、近年の技術の進歩だと思います。
SNSだけでなく、携帯やスマホでゲームができるのもエンジニアの技術あってのものです。
最近では、そんなWeb系エンジニアを目指している人もいるようです。プログラム言語としてはPHPが主流で、ITの進化と共にニーズが高まるPHPエンジニアの求人は豊富にあるといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.